パリ警視庁はドローンで群集を上から監視したいそうです

パリ警視庁はドローンで群集を上から監視したいそうです 1

...なのかな?

世界中で無差別テロに対する危機感は高まっています。ヨーロッパではすでに多くの大都市で監視カメラが設置されていますが、パリ警視庁はさらにグレードアップを図りたいようです。大勢の人が集まる地域を監視するためにドローンが使えないかと、企業からの提案を求めるデザイン仕様を公開しました。

その仕様とは6つのモーター10メートル/秒の速度、1キロメートルの飛行範囲、HDカメラサーマルカメラを装備、有効荷重1キロで30分の飛行時間を持つことだそうです。

パリ警視庁、本気です。

また自律飛行とマニュアル飛行の両方のオプションをパリ警視庁は求めているそうです。

この性能は現存するドローンの中でもかなり高性能なレベルに属します。もちろん問題はコストになるわけですが...導入するからには使えるものじゃないと意味がないわけです。どのような場所で、時間帯は、と詳細は分かりませんが犯罪者が隠れられる場所が一気に減ることは確かですね。

犯罪者が空飛ぶロボットに追いかけられるという映画の中の光景が実現するかもしれませんね。

画像からの顔認識の精度は驚くほど高まってきています。多くの人は自分は犯罪者じゃないから大丈夫〜と思うかもしれませんが、警察が保存するデータはどれだけ安全に管理されるのか、ハッキングされて悪用される危険性は全く無いといえるのか、など懸念事項は浮かびます。

さらには、当局による過剰な監視に使われる可能性もあるわけで人権団体から抗議の声もあがっているようです。

しかしパリでは100人を越す人が同時多発テロで命を落としています。無差別テロから人命を守るために警察が何ができるのか、治安とプライバシーという難しい問題です。

source: Prefecture de Police via Vice, Le Parisien

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)