ベッドもキッチンもバスタブもフルサイズ、すべてを可動式にした天才的にスマートな「ウサギ小屋」住宅

ベッドもキッチンもバスタブもフルサイズ、すべてを可動式にした天才的にスマートな「ウサギ小屋」住宅 1

これ、作った人天才。

かつて日本の狭い住居は「ウサギ小屋」なんて言われてバカにされていましたが、昨今では「マイクロユニット」とよばれるコンパクトで機能的な家が注目を浴びています。でも折り畳みベッド、小さい冷蔵庫、シャワーとトイレが一体化したユニットバスなど、機能性と快適性はトレードオフだと思われていました。

ですが、建築事務所「LAAB Architects」が、香港の中でも最も家賃が高いエリアに住むことを決めたカップルのために特別に設計した、「Small Home Smart Home」プロジェクトの家は、それらを一切妥協していません。たった28平米の部屋に、バスタブ、大きいキッチン、ホームシネマ、ジムを備え、3匹の猫も楽しく住めるよう、テクノロジーと工夫を凝らして作られました。

28平米となると日本のワンルームマンション程度の広さです。その空間に、どうやって足が延ばせるバスタブ、ダブルベッド、大きいキッチンが入ってるのでしょう?

その秘密はすべてが可動式、変形可能であること。ソファの後ろにすぐバスタブがあるのがすでに斬新ですが、すべてはパーテーションで区切られるようになっていて、お風呂に入らないときはパーテーションを開けて、バスタブの上にマットレスを置いて、ソファベッド代わりに。

トイレと洗面台も自由自在に区切ることができて、ベッドルームもパーテーションで開け閉めできるので、必要に応じて空間の広さをコントロールできるようになっています。キッチンシンクの蛇口も出し入れできるようになっていて、使わないときは板で塞いでテーブル代わりに。キッチンの棚も可動式、床下収納も完備で「見えない収納」の工夫が凝らされています。

さらには天井に備え付けられたリングにベルトを通せば、懸垂トレーニングができるジムに早変わり。さらには猫が歩くための「cat walk」まであります。Hueライトで各所の明るさも自在にコントロールできるようになっていますね。

「寝る」「お風呂に入る」「料理する」「テレビを見る」「友達と食事をする」といった生活に必要なシーンに合わせて、家の中を柔軟に変形させることができるってわけ。うーん、すべてが機能的でコンパクトでミニマムライフ!

ベッドもキッチンもバスタブもフルサイズ、すべてを可動式にした天才的にスマートな「ウサギ小屋」住宅 2

マイクロユニット住宅は家賃が高騰して住宅問題が深刻なニューヨークなどでも実験的に建設されるなど、昨今注目を浴びています。

ベッドもキッチンもバスタブもフルサイズ、すべてを可動式にした天才的にスマートな「ウサギ小屋」住宅 3

24時間のジムに早変わり。

ベッドもキッチンもバスタブもフルサイズ、すべてを可動式にした天才的にスマートな「ウサギ小屋」住宅 4

パジャマパーティーもできる。

ベッドもキッチンもバスタブもフルサイズ、すべてを可動式にした天才的にスマートな「ウサギ小屋」住宅 5

映画を見ながらのんびりできる。

ベッドもキッチンもバスタブもフルサイズ、すべてを可動式にした天才的にスマートな「ウサギ小屋」住宅 6

お風呂からテレビを見ることだってできる!

ベッドもキッチンもバスタブもフルサイズ、すべてを可動式にした天才的にスマートな「ウサギ小屋」住宅 7

猫のための家でもあります。

source: LAAB

Alissa Walker - Gizmodo US[原文
(mayumine)