いい仕事はいい机から。日本の技術を使った作業台

いい仕事はいい机から。日本の技術を使った作業台 1

いい仕事をする店には、必ずいい作業台がある。

ユーチューバーのJesse de Geestさんがこの動画で作っているのは作業台。もし、これが視聴者の心をつかむことがあれば、もしかしたらJesse de Geest、別名The Samurai Carpenterは近い将来の木製芸術を背負って立つことになるかもしれません。

Geestさんはこの作業台を自分自身でデザインし、電動工具と手工具の両方を使って組み立てていきました。全てのパーツが日本の建具を参考に組まれていて、何世代にも渡って使い続けることができる頑丈さが特長(やっぱり大量生産されたネジと接着剤だらけの家具なんて最悪ですからね)。動画の最後あたりで、彼、The Samurai Carpenterはこの作業台を彼の子どもに受け継いでいき、そこから子どもたちが何かしらのインスピレーションを受け取ってほしいと語っています。

当然のことながら何の道具も作業場も、何かを作る専門知識も無いわたくしですら、このすばらしい作業台の設計図を買おうかと思ってしまったくらいです。ついにパソコンを海に投げ捨てて森の中で生活を始める、その日のために

彼は同じくこの作業台の特長を説明した動画もアップしています。この動画で組み立て後の高さがよくわかると思いますが、彼と同じような身長の方には本当にもってこいで、この作業台があれば、もう低すぎる台のせいで猫背になることもなくなります

Bryan Menegus - Gizmodo SPLOID[原文

(SHIORI)