銀河団が激突直前! ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた美しい写真

銀河団が激突直前! ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた美しい写真 1

銀河の衝突は宇宙の中ではそう珍しいことではありませんが、時には銀河団同士が互いにぶつかり合い、壮大な光景を生み出すことも。ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたこの新しい写真では、なんともドラマチックな銀河団の様子を見ることができます。

MACS J0416はまるで1つの銀河団に見えますが、これは2つの別々の銀河団が今にも混ざりあおうとしているところなんです。これは430万光年離れたエリダヌス座にあり、あわせるとなんと私たちが住む天の川銀河の420倍もの質量を持っています。

銀河団が激突直前! ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた美しい写真 2

この画像では、2つの銀河団がすでに衝突しているように見えますが、実はまだ衝突していないんです。証拠もあります。MACS J0416には大量の暗黒物質があり、その後ろ側にある銀河は暗黒物質により歪んで見えます。この暗黒物質の痕跡が青色の高温ガスに沿ってみられるのですが、もし銀河団が衝突していれば、暗黒物質とガスは分離するんです。MACS J0416にある小さな高温ガスの核もまた、もしすでに衝突が起こっていれば破壊されているはずです。

興味深いことに、光を曲げるほどのすさまじい重さを持ったMACS J0416は「重力レンズ」と呼ばれる効果を起こします。その質量のせいで後ろにある光が曲げられ、虫眼鏡のような働きをするのです。これにより天文学者たちはビッグバンから数億年しか経っていない銀河の様子を垣間見ることができるのです。

image by NASA、ESA、CXC、NRAO/AUI/NSF、STScI、and G. Ogrean (Stanford University)

Acknowledgment: NASA、ESA、J. Lotz (STScI)、the HFF team

source: NASA

George Dvorsky - Gizmodo US[原文

(abcxyz)