あなたの代わりに「ハリー・ポッター」を読んでくれるソフトウェア

あなたの代わりに「ハリー・ポッター」を読んでくれるソフトウェア 1

カナダの会社が、読んだ文章に関する質問に正確に答えることのできる、読解アルゴリズムを作り出しました。これは、つまらない技術的な文章をスキャンして質問に答えることで人の役に立つようにと作られたものですが、ほかにもいろいろと使い道がありそうです。

このカナダの会社Maluubaは、「人間が読み、学び、理解し、論理的に考えるさまを再現する、最先端のディープラーニング技術」を追及する会社です。いったいどういうことなのか、それはこの会社のソフトウェア「Machine Comprehension System」が答えてくれるでしょう。

このソフトは、自分で読みたくないようなつまらない長文、例えば家電の説明書などを代わりに読んでくれるよう開発されました。つまらない文を代わりに読んでくれて、後でわからないことを質問すれば答えてくれるプログラムというわけです。いつの日にかは自分で書いたノートや予定を読み、理解し、次の日に向けて助言をしてくれるようなことも可能でしょう。

Machine Comprehension Systemは物語を読むのもなかなか上手いよう。「ハリー・ポッターと賢者の石」を読ませて質問に答えさせることもできるんです(動画)。なんと回答の正解率は70%

このソフトはまだ異なる文章からの情報を統合できませんし、特定の文章や部分を無視できる必要もあります。動画の例では、組み分け帽子がハリーをスリザリンに入れるかグリフィンドールに入れるかを決めるシーンの、ひねりのある語り口(「he was so relieved to have been chosen and not put in slytherin...」)がそれに当たります。それでも、複数の選択肢から答えを選べるだけで、最初の一歩としては十分でしょう。

これが発展していけば、コンピュータが自分で説明書を読んで自らを直したりもできるようになるかもしれません。ウェブサイトのコメント欄を読み取って、どのコメントを避けるべきか、どのコメントと論議すべきかを、ユーザーの気分に合わせて教えてくれたりとか。まだ見ていない映画に関するネタバレが書かれた箇所をいち早く認知して、その部分を隠してくれるなんてのもいいでしょう。 人間が読解力を持たなくて済む時代は、もうすぐかもしれませんね。

source: MIT Technology Review, Maluuba

Esther Inglis-Arkell - Gizmodo US[原文

(abcxyz)