錆びた包丁を蘇らせる「研ぎ」の技術

こんなに錆びてたら無理でしょ…。えぇー! って言いたくなる。

料理に欠かせない包丁。種類も豊富だし、切れ味が悪くなるとすぐ買い換えたくなってしまいますが、大事に研磨を行なえば、長く使うことができるんです。

登場したのは、ほぼ真っ黒といっていいほど錆びた出刃包丁日本職人さんが、これをさまざまな技術で研いでいき、最後にはまるで新品のように蘇りました。

欠けてしまった刃の修繕まで行なう姿には、YouTubeユーザもびっくり。世界各国から驚きのコメントが多く寄せられているようです。

それにしても、途中まったく関係ない世間話をしているのが、ちょっとほっこりします。

Casey Chan - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)