光に当てるだけで勝手にキレイになる布

光に当てるだけで勝手にキレイになる布 1

さいこー!

洗った洗濯物をしっかりと日光の下で乾かすことで殺菌され、また次もパリっとお洋服を着ることができます。が、正直一人暮らしだと洗濯がめんどくせーめんどくせー。頑固なシミでもあったもんなら、あーもうしちめんどくせーって人は少なくないでしょう。もっと簡単にキレイになる方法ないの? ありますよ。最先端の布の研究が、お洗濯を楽ちんに。

オーストラリアはメルボルンにあるロイヤルメルボルン工科大学が開発した、新しい布。鍵となるのは、銅と銀でできたナノ構造です。銀のナノ粒子を使った匂わないくつ下なんてのがありますが、この布は、銅と銀のナノ構造が綿の生地に埋め込まれ一体化しており、従来のものとは異なります。日光が当たることにより、このメタリック構造から高エネルギーの電子が放出され、汚れのもととなる有機分子を破壊。実験では、約6分でシミが消えるという結果が出ました。

光に当てるだけで勝手にキレイになる布 2

綿織物に埋め込まれたナノ構造を15万倍に拡大したイメージ

無敵の布だ!と思いきや、がっかりなことも。多くの人が気にするだろう、トマトソースや赤ワインのシミは、この布でも落とせないんですって。まぁ、今後の研究次第ではあるいは…。どんなシミも日光にあてるだけで消えてくれたら、日常のストレスがかなり軽減されますね。頼むぜ、RMIT大学研究チーム!

source: Advanced Materials Interfaces via PhysOrg

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(そうこ)