人はロボットのオシリを触っても興奮する

人はロボットのオシリを触っても興奮する 1

プラスチックに金属とワイヤー...そんな体でできたロボットですが、人間に肉体的な反応を引き起こさせることができちゃうんです。ロボットの体の(人間でいうところの)プライベートゾーンを触ったときの人の反応を分析した最新の研究によれば、どうやら人は興奮しちゃうようです。

The Guardianの報じるところによれば、スタンフォード大学の研究たちは小さな「Nao」ロボットを用いた一連の実験を行ないました。体がプラスチックでできているNao(Pepperの親戚)は、実験の参加者に体の部位13カ所を指さすか触るよう指示するようにプログラミングされています。同時に参加者は生理的な性的興奮と相関する皮膚伝導反応を測定されます。

研究チームは、参加者が人間の性器や臀部にあたる場所を触るようロボットに指示されたときに最も強い性的興奮のシグナルを確認しました。これらの部位を研究チームは「アクセス性の低い体の部位」と呼んでいます。指さすように指示されてもなんの反応もなく、より当たり障りのない体の部位を触る場合には低いレベルの反応が生み出されました。この研究は今年6月「International Communication Association in Japan」で発表される予定です。

研究者の1人であるJamy LiさんはThe Guardianにこう説明しています。

これはロボットに対して人々が原始的で、社交的に反応していることを示しています。…他人の親密な部位を触ることに関しての社会的な慣習はロボットの部位についても当てはまるということです。この研究はロボットのデザインと人工システム論の両方に影響をもたらすでしょう。

もちろん、セックスロボットなんかの開発にも色々役立つでしょうね。

image by Ociacia / Shutterstock.com

source: The Guardian

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(abcxyz)