コンピュータが描いたレンブラントの「新作」?

コンピュータが描いたレンブラントの「新作」?  1

芸術にもデータが使われる時代。

この絵画は17世紀のオランダを代表する画家レンブラントの作品のようにみえますが、彼が描いたものではありません。でもある意味ではレンブラントの作品だといえます。というのも、これはレンブラントの作品データを元に、コンピュータが制作した絵画だからです。

このレンブラントの「新作」を作り出すため、マイクロソフトなどの企業からなる研究チームはまず346枚もの絵画から、彼の作風だけでなく、主題の種類やその姿勢、顔の特徴や典型的な服装を詳しく調べました。ビデオによれば、彼らはピクセル単位に至るまで絵画を分析してから、「襟付きの暗い色の服を着てハットを被り、顔は右を向いている30~40代の白人男性」の肖像画を「新作」の主題にすべきだと決めたとか。

次に、レンブラントのテクニックを分析したアルゴリズムで築いた膨大なデータベースに基づいて典型的なレンブラントらしい眼つきや顔の造形などが作り出されました。そして、絵具の上にさらに絵具が重なった絵画の立体感を再現するためにハイトマップ(高低マップ)も作り、3Dプリンターで完成品が作られたのです。

つまり、レンブラントが描いた多くの肖像画を混ぜ合わせて1枚の絵画を作るとしたら、こんな絵画ができあがるということ。この完成度の高さをみれば、データ分析はビジネスだけでなく芸術にも役に立つことが伺えますね。

Source: Next Rembrandt via Kottke

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(たもり)