ドナルド・トランプ氏の娘が経営する服飾ブランドでリコール。理由は「燃えやすすぎる」

ドナルド・トランプ氏の娘が経営する服飾ブランドでリコール。理由は「燃えやすすぎる」 1

親子ともども、「炎上」に縁があるようで…。

経営の才能は父から、ルックスは母から受け継いだともっぱら噂の、ドナルド・トランプ氏の娘、イヴァンカ・トランプさん。彼女は自身の服飾ブランドIvanka Trump」を立ち上げたことで有名です。

しかしこの度、そのIvanka Trumpのスカーフ約2万点がリコールの対象となったとのこと。理由は「可燃性が高すぎる」とのことです。

スカーフの素材は、100%レーヨン。テストを行ったCSPC(米国消費者製品安全委員会)は、その詳細を明らかにしていませんが、燃え尽きるまでの最低時間として定められているのが3.5秒ですので、それを満たさないということは、結構な速さですよね…。

今回リコールされたのは、「Beach Wave」という商品の青、コーラル、黄色と、「Brushstroke Oblong」の青、赤、緑です。Century 21や Lord & Taylorなどの店頭、及びアマゾンで販売されました。もしお心当たりのある方がいれば、全額返金の対象となるそうですよ。

実際にこちらのスカーフで怪我人が出たという報告はありません。Ivanka Trumpの広報担当は、米Gizmodoの取材に対し以下のように語っています。

国の基準を満たせず、このような形でスカーフがリコールされたのは大変残念だ。しかし、迅速に対応できたのが不幸中の幸いである。我々はこれからも、働く女性たちにとって価値のある、品質の高い製品を、手頃な価格で提供したいと考えている。

source: Consumer Product Safety Commission

image: Albert H. Teich / Shutterstock.com

Matt Novak - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)