グーグルの自動運転車、いざ砂漠へ行かん!

グーグルの自動運転車、いざ砂漠へ行かん! 1

砂煙たてて走ってやるぜ。

グーグルが、自社の自動運転車のテストを砂漠で行なうことを発表しました。実験場所となるのはアリゾナ州、砂漠のど真ん中にある街フェニックスです。砂漠でのテストは、高温砂埃という環境下での動きを見極めるのが狙い。

ネタ元のロイターによれば、グーグル所有のLexus RX450h SUVが4台、すでに現地入りしており、標識や特筆すべき建物などを含む詳細な地図を作るため走行中だといいます。自動運転車は、この地図によってナビゲーションされ街を走ることになります。砂漠という状況は、自動運転車の特にハード面にとって大きなチャレンジです。グーグルの自動運転車はLIDARという光を用いる技術を使って周りのものを認識しますが、雪や雨、そして塵埃などを苦手としているのです。さて、苦手克服なるか!

アリゾナ州への進出によって、グーグルの自動運転車のテストは、カリフォルニア州マウンテンビュー、テキサス州オースティン、ワシントン州カークランドを含む4都市で行なわれていることになります。

image by Google

source: Reuters

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(そうこ)