激しいカーチェイスの末に…、警察が追いつくまで犯人はセルフィーしつつ待ってました

激しいカーチェイスの末に…、警察が追いつくまで犯人はセルフィーしつつ待ってました 1

どうなっとんじゃい。

なんでもかんでもスマートフォンで写真におさめネットにポスト。セルフィーは絶対だよね! そんな現代ですが、どんな場合でもセルフィーせねば気がすまないようで…。ロサンゼルスで警察とのカーチェイスを繰り広げた男、逮捕までの間にセルフィーしてました。

盗難の疑いで警察に追われた男性2人、奪った青いマスタングで逃げに逃げ、警察との数時間にもなるカーチェイス劇をみせました地元の観光バスとぶつかったり、見事なドリフトを見せたりしつつ、最終的いは車が走行不可になったのですが、どういうわけか、警察はどこかで彼らを見失ってしまったようです。

警察が到着するまで、たっぷり10分ほどあったということですが、その間に2人はセルフィーを…。しかも、ただのセルフィーじゃありません。周りに人だかりができ、中には一緒にセルフィー撮ってとお願いする人も。長時間のカーチェイスが生中継されていたことで、近所の人が集まっており、まるで、ハリウッドスターが登場したような状況になっていたといいます。LAらしいと言えばそうなのでしょうけれど、モラルも何もあったもんじゃありません。セルフィー欲にも困ったもんです。

カーチェイスやセルフィータイムの様子は、ツイッターにも多くポストされました。

現代人は余裕があるのか、どこかマヒしてきているのか。どうしたもんじゃろな。

source: Jalopnik, TMZ, Twitter

Alissa Walker - Gizmodo US[原文

(そうこ)