ジェットパック副社長、ヘルメットなしでテスト飛行し大怪我

ジェットパック副社長、ヘルメットなしでテスト飛行し大怪我 1

ヘルメット大事。

ドバイの消防隊で導入され、来年にも個人用が発売されるかと噂される、ジェットパック。自在に空を飛び回れる夢のガジェットですが、ちょっと心配なニュースが飛び込んできました。

SFGateが伝えたところによると、Jet Pack Internationalの副社長、 Nick Macomber氏が、過酸化水素ガスを燃料としたジェットパックのテスト飛行中に事故に遭い、入院してしまったそうなのです。

彼のからは血が噴出しており、口からも血を流していました。どうやら膝から着地したようで、自力では立ち上がれない様子でした」と証言したのは、彼らの隣のオフィスで働く、Alison McCoyさん。「テスト飛行の際、彼らはいつもヘルメットなどのプロテクターを装着していたのですが、今回はそれがなかったようです」とも語った。

Macomber氏は、この事故でアゴなどを負傷。まだ入院中ですが、容態は安定しているとのことです。新しい試みにリスクはつきものですが、早い回復を祈りたいですね。

image by Jet Pack International

source: SF GateKDVR via Slashdot]

Andrew Liptak - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)