太陽系外への探査計画を発表したホーキング博士のインタビュー映像

太陽系外への探査計画を発表したホーキング博士のインタビュー映像 1

話を聞くだけでもワクワクしてきます。

理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士とロシアの実業家ユーリ・ミルナー氏が、太陽系に最も近い恒星に超小型の探査機「ナノクラフト」を打ち上げる計画を発表しました。発表直後の2人を、米放送局ABCがインタビューしています。

記者会見が行なわれたワン・ワールド・オブザーバトリーで報道番組「ワールド・ニュース・トゥナイト」のデヴィッド・ミュアーさんが、ホーキング博士とミルナー氏を取材しました。近くの星系で生命体がいる可能性は低いと話すホーキング博士は、太陽系外へ到達するための技術開発が地上で暮らす人々にもたらす利益について、こんなコメントをしています。「過去には、宇宙探査の急速な技術の進歩のおかげで人々の生活が向上したことがあった」とし、「だからこの計画が利益をもたらすことになっても驚かない」と締めくくっています。 


Breakthrough Starshot」というこの計画には1億ドル(約108億円)の予算が投じられ、打ち上げられたら約20年でケンタウルス座アルファ星に届くとのこと。ミルナー氏は「私たちが生きている間に達成できないなら、次の世代にバトンを渡す必要がある」とコメントしています。 

ABCのサイトで、ユーモアを交えつつ話すホーキング博士のインタビューをチェックできますよ。

source: ABC Breaking News

Alissa Walker - Gizmodo US[原文] 

(たもり)