自分でデザインしたピンボール台で遊ぶって、つまりこういう感じ!

たしかに、最先端グラフィックバーチャルリアリティの迫力には適わないかもしれない。でも、愛着でいえば自分でデザインしたピンボールに勝るものはないはず...!

描いて遊べるインタラクティブなバーチャル・ピンボール・マシン「Flipppaper」を発案したのは、アーティストのJérémie CortialさんRoman Miletitchさん。公式サイトには、英語、フランス語のほかに日本語も用意されています! わーい。

自分でデザインしたピンボール台で遊ぶって、つまりこういう感じ!  1

遊ぶのに必要なのは、テクニカルな知識や腕前よりもセンス遊び心。なんといっても、4色のマーカーを使って、ピンボールマシンを構成するバリアスピードブースターフリッパー障害物となる絵を描くのみですからね。あとはマシンがスキャンしてくれます。

動画の通り、たとえばボールを落とさないためのバリアだってきちんと動いてくれたり、コースが狭ければその部分だけ描き直せたりするのです。

また公式サイトによると、マシンの「制作はフランスの工房で手作り。そして配達は地球や宇宙のどこへでも」なんですって。この、量産されていない限定的な感じよ...機会があったら気軽に遊んでみたいものです!

source: Flippaper via Creative Applications

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(Rina Fukazu)