未来はこうなる? 高層タワー型データセンター

未来はこうなる? 高層タワー型データセンター 1

ラスボスが住んでそう。

インターネットサービスに欠かせない、サーバーやネットワーク機器。普段空気のように使っているアプリやサイトも、物理的施設があるからこそ楽しめるのです。

そしてそれらが集まっているのがデータセンターと呼ばれる場所ですが、従来の常識を覆す、なんともスタイリッシュなコンセプトが発表されましたよ。

こちらの高層タワー型データセンター、名づけて「データ・タワー」を発表したのは、イタリア人のMarco MerlettiさんとValeria Mercuriさんの2人。

以下は内部のイメージですが、なんともSFチックでカッコいいですよね。

未来はこうなる? 高層タワー型データセンター 2

もちろん、見た目だけではありません。機能的にもいろいろと考えられているようですよ。

外観は、コンピューターのマザーボードを立方形にしたイメージです。特徴的なのは、ハードウェアがすべて建物の外に露出している点。外の冷たい空気で冷やされ、排気で室内を温めるという構造です。

そして、内部は空洞になっています。理由は2つあり、1つは冷却システムとして機能すること。もう1つは、ハードウェアをメンテナンスする際、作業スペースとなる1Fに移動させるためです。

まさに逆転の発想といえる大胆なデザイン。データセンターの場所としては、アイスランドのような寒い地域をイメージしているようです。

優れたデザインと機能性を併せ持つ建造物を紹介する、eVoloというメディアにおいて、高層タワー部門で年間3位の評価を受けたこちら。もしかしたら、近いうちに本当に実現する日が来るのかもしれません。

image by Marco Merletti and Valeria Mercuri on eVolo

source: eVolo via Computer World

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)