博物館の恐竜たちが動き出す! メルボルンの「ジュラシック・ワールド展」がうらやましい

子どもは間違いなく泣き出すでしょう。

博物館で人気の展示と言えば恐竜。展示が動き出すと言えば、映画「ナイト ミュージアム」です。しかし、夜じゃなくても、ベン・スティラーじゃなくても、誰でもおおっぴらに現実で動く恐竜を見ることができる博物館があります。

オーストラリアのメルボルン博物館で現在開催中の「Jurassic World: The Exhibition(ジュラシック・ワールド展)」。ここででは、迫力満点の恐竜を見ることができます。ロボット仕掛けのブラキオサウルス、ステゴサウルス、そしてティラノサウルスはもちろん、映画に登場する架空の恐竜インドミナス・レックスまで!

動く恐竜の迫力はお墨付き。映画ジュラシックシリーズで恐竜の動きを監修したJack Horner氏が、本展示でもアニマトロニクスで協力しています。

展示内容も、動く恐竜だけでなく、映画の世界観、さらにはDNAの仕組みなど現実での科学も学べる幅広い内容となっています。いいね、見たいね。…メルボルンか。日本にも来ないかなぁ。

source: Jurassic World: The Exhibition via Boing Boing

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(そうこ)