ロボットの仕事がまた増える。セグウェイを基にした在庫管理ロボ

ロボットの仕事がまた増える。セグウェイを基にした在庫管理ロボ 1

誰もいない店内を移動するロボ。働き者ならぬ働きロボ。

在庫管理と言ってもシステム上で商品数をチェックするのではなく、今、店の棚に何が何個並んでいるのか、それを調べるのはやはり人間の仕事。今まではロボットが不得意としてきた業務です。が、そこをなんとかロボットにやらせようとがんばっている会社があります。

トロントを拠点とする4D Retail Technology Corp.が開発するのは、スーパーの仕事はすべてまかせろと言わんばかりの真の在庫管理ロボット。セグウェイを基にして作られたロボット「Space Genius」には3Dカメラが搭載されており、これで棚の商品をスキャン、数を記録します。通常のスーパーならば、店内すべてをスキャンして管理するのに、1時間もあれば十分なんだとか。開発元は在庫数も正確にだせると豪語していますが、直近のテストではちょっと失敗した様子。まぁ、ここは今後精度があがっていくのでしょう。

在庫管理ロボは、人間の仕事を軽減するだけではありません。正確な在庫管理によって、お客さんの欲しいものがどこにあるのかをしっかり把握。それを地図にして伝えることもできます。デキる店員さんよりも、正確的確なわけです。さすれば、お客さんはウロウロすることなく、最短で買い物を終えることができます。

ロボ導入には大掛かりな設備がいるだろうというのが、スーパー側の懸念点になるでしょう。が、なんてことありません。店内にある棚すべてにRFIDタグをつけるだけ。

ちょっとした設備でお店全体がスマート化、面倒な仕事はロボットが人間よりも正確に…。近い将来、スーパーは無人になるかもしれませんね。レジでの支払だってモバイル決済でいいですし。店内にいる人間はお客さんだけ。いや、お客さんだっていないかもしれませんよ。これまた、ロボットが代わりにお買い物してくれるのでは。

ロボットの仕事が増えるということは、人間の仕事が減るということです。これはあちこちでディスカッションされている問題で、警報を鳴らす人々もいます。技術面ではなく、政治、経済、倫理の問題のほうが大きいのよね、きっと。

source: 4D Retail Technology via Gizmag

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(そうこ)