中国、南シナ海上に浮かぶ「動く原発」を建設か?

中国、南シナ海上に浮かぶ「動く原発」を建設か? 1

周辺国への影響はいかに。

中国メディア環球時報は、中国が南シナ海の海洋上に20基の原子力発電所を建設する計画があると報じました。

電力は、主に中国が南シナ海に建設した人工島での利用を想定しているとのことです。

同じ中国のメディア、People's Daily Chinaは、その「原発」の完成予想図をツイート。こうして見るとまるで豪華客船のようですね。

建設を担当する造船会社の担当者、Liu Zhengguo氏は今回のプロジェクトに対し、「安全性に優れた技術に基づいている」と語っていますが、台風や嵐が来たら一体どうなっちゃうんでしょうね…。

ご存知の通り、領有権の問題を抱えながら、ほぼ強引に南シナ海に人工島を建設した中国。さらに原発の建設となると、周辺諸国との軋轢がより深まることは必至です。

運用開始は2019年からとのことですが、はたして実現するのでしょうか…。

image by Kevin Dinkel on Flickr

source: 環球時報 via New York Times

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)