タランティーノ映画のケレン味あふれるスローモーション・シーン集

タランティーノ映画のスローモーション

クエンティン・タランティーノ監督の映画には、彼の作品を象徴するようなカメラワークが数多く登場します。

今回はその中でもスローモーションのシーンだけをまとめた動画をご紹介します。暴力的な描写がありますので、ご注意ください。

こちらは過去にも数多くのタランティーノ映画のシーンをまとめてきた、Jacob T. Swinneyによる動画。

これを見ると、タランティーノ監督が絵的なかっこ良さ、力強さをアピールする時だけでなく、悲劇的な瞬間を強調する時にもスローモーションを使っているのがわかります。そして、丁寧に撮られたグロ描写でのスローモーションも監督のこだわりでしょう。

なお、動画に登場する映画のタイトルは以下の通り。

「レザボア・ドッグス」 (1992)

「パルプ・フィクション」 (1994)

「キルビルVol. 1」 (2003)

「キルビルVol. 2」 (2004)

「デス・プルーフ in グラインドハウス」 (2007)

「イングロリアス・バスターズ」 (2009)

「ジャンゴ 繋がれざる者」 (2012)

「ヘイトフル・エイト」 (2015)

もっとタランティーノ映画を象徴するシーンが見たい方は、血みどろのシーン脚フェチなシーン正面から撮った運転シーンインパクトシズル感のあるクローズアップ音が気持ち良いシーンなどなども併せてどうぞ。

source: vimeo1, 2, 3, 4, 5, 6

中川真知子