立った、そして歩いた。にじり寄る連邦の白い悪魔

にじり寄るガンダム

ええい、連邦のモビルスーツは化け物か!

人型ロボットの最初にして最大の課題、「歩く」。ロボットアニメなどではいとも簡単に歩いたり、ぴょんぴょん跳ねたりしていますが、やはりそう簡単にはいきません。例えばこんな風に。

ジリジリ……ジリジリ……。

歩くというよりも「にじり寄る」といった雰囲気。YouTubeの再生ページにあるコメント、

「It's the white devil...!」(白い…悪魔だ!)

に心を打たれました。

第一話でいきなり大地に立たせたアムロ・レイ……じゃない。歩行制御機構制御を完成されたテム・レイの高い技術力に感服します。

しかし、これが間違っているか?というとそんなことはなく、ガンダムらしくないだけで「移動する」というアプローチのひとつですし、同様の動きをするロボットなどもいるのです。

個人や教育機関の研究室での研究テーマとして作成されたのであれば、すごく頑張っているのではないでしょうか?

一方で、最近はロボティクス分野も目まぐるしい進化を迎えており、人型ロボットはより人間らしい歩行へ、安定して状態制御できるような機構が搭載されつつあります。

大きなプロジェクトともなれば、それこそ人のように歩くことも可能です。例えば、2011年の段階でこうです。

産総研が作った美少女ヒューマノイド「HRP-4C「未夢(ミーム)」

初めて見た時は、人間のようにスタスタと違和感なく歩く姿に本当に驚きました、そして感じたのです。

「ああ、これサイボーグじいちゃんGだ」

未夢は人間の声をサンプリングした音声で声を発したり、歌ったりすることができました。そして、高度な状態制御によりダンスを踊ることも。

さまざまなアプローチで人型のエンターテインメント・ロボットというジャンルを華々しく切り開いた未夢。しかし、彼女は残念ながら、その後のロボティクスを先導できませんでした。

東日本大震災以降、ロボットにはエンターテインメントではなく、実用性が求められるようになったのです。研究対象は人を楽しませることから、人を助ける方へ。

災害現場での活動へとシフトしていき、未夢の開発は中断されました。現在、彼女は介護用パワードスーツの開発実験用として働いているようです

ロボットは日々、目まぐるしく進化し、先日もシャープがロボット型の電話機「ロボホン」を発売しました。

また、これまでなんども話題となっている「Atlas」(以下動画)もより高度な状態制御、復帰機構が搭載され、倒れづらく、そして倒れても自分で起き上がれるまでになっています。

この開発が進めばいずれは集合知のもと、自立式で動作するターミネーターのようなものや、人間との融合を果たしたロボコップのようなもの、もしくはまさに人間が乗り込めるモビルスーツのようなものへと進化していくかもしれません。

まぁ、ロボティクスが正しく発展していけばそんなことにはならないと思いますけどね、あくまでも仮定の話です。それでも! IFの話を前提としてですが、ガンダム史に当てはめて考えてみたくなってしまうのが男の子のサガ

ガンダムでは西暦2045年に宇宙世紀へと突入します。そこからモビルスーツの原型である(モビルワーカー)「MW-01」が開発されたのが、70年後の宇宙世紀0071年です。

現在から100年後。モビルスーツが生まれ、その6年後にはRX-78が大地に立つことになるのでしょうか? その時は、この歩き方じゃないことを願いたい。いや、ホントに。

source: YouTube1, 2, 3, 4, Wikipedia, 機動戦士ガンダム THE ORIGIN

小暮ひさのり