奇妙だけど病みつきになりそう。磁石スライムを作って遊んでみよう

奇妙だけど病みつきになりそう。磁石スライムを作って遊んでみよう 1

磁石にむくむくくっつくスライム、作りたあい!

この奇妙で不気味な動きが病みつきになりそうで、1回は触ってみたくなります。磁石スライムの材料は、Elmer’s white glue(水糊)に、BoraxPowder(洗剤)、砂鉄、そして水。アメリカでは15ドル(約1,700円)もあればどこでも入手可能です。

糊を全部ボールに出し、容器に付いた分もキレイに溶かすため水を半分入れたら、よく振ってボールに入れます。次にBoraxPowder大さじいっぱいを水に溶かし、少しずつ糊の入ったボールに混ぜながら注ぎ込みます。スプーンは素早く混ぜ続けます。するとスライム状になり、手で触れるように。そして手でこねこねしていきます。そこに砂鉄を加え、丁寧に混ぜていきます。これで磁石スライムの完成。

強力な磁石を使って遊んでみましょう。スライムが磁力によって強力に吸い寄せられるこの動き…病みつきになりますよ。この磁石スライムは保存しても、水分のせいでどんどん酸化し茶色くなってしまうので、あまり保存には適しませんが、その頃にはすっかり飽きていそうなのできっと大丈夫。

スライムは日本でも、BoraxPowderの代わりにホウ砂、Elmer’s white glueの代わりに洗濯のり(PVA配合)で簡単に作ることができ、成分もほぼ同様(参照)ですよ。

孤独な大人が1人で磁石スライムをつくるも良し、週末に子どもと一緒につくるも良し。動画を見ているとベタベタ触って遊んでみたくなりますね。

source:YouTube via Laughing Squid

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(mayumine)