エドワード・スノーデンの伝記的政治スリラー映画「スノーデン」予告編

    スノーデン

    もう公開延期しないでね……。

    2013年にアメリカ国家安全保障局によるスパイ活動を暴露した元NSA職員のエドワード・スノーデンを、社会派映画を多く手がけるオリバー・ストーン監督が描く、伝記的政治スリラー映画「Snowden(原題)」の予告編が公開されました。

    こちらはOpen Road Filmsがアップしたもの。以前ご紹介したティーザートレーラーよりも、本編の内容がわかる映像となっています。

    国家安全保障局の鑑賞を懸念し、ドイツでの撮影を余儀なくされた本作は、主演のジョセフ・ゴードン=レヴィットをはじめ多くのハリウッドスターが名をつらねるにもかかわらず、アメリカの映画会社が1つも参加しなかったことでも話題になりました。

    内容は「スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実(ルーク・ハーディング著)」と「Time of the Octopus (Anatoly Kucherena著)」の2冊の本がベースになっており、予告編を見る限り、スパイの訓練やスパイ活動にも触れられているようです。

    世界を震撼させたエドワード・スノーデンの告発、そして彼の複雑な人生が一本にまとめられた「スノーデン」は、これまでに2度も公開が延期されましたが、現在のところ9月16日にアメリカでの公開が予定されています。

    © Open Road Films

    source: YouTube, Snowden | Official Movie Site

    中川真知子