ソフトバンク、熊本地震の被災地域での支援措置を発表

ソフトバンク、熊本地震の被災地域での支援措置を発表 1

通信インフラは大事です。

昨晩遅くに熊本県で発生した「平成28年熊本地震」。すでに国内3キャリアは安否確認サービスを提供しており、携帯電話の充電/貸し出しサービスも始まっています。そんな中、ソフトバンクは「被災地域での支援措置」を発表しました。

支援の内容は「利用料金の支払い期限延長/インターネット接続サービス、固定電話サービスの月額基本料金などの減免/電話機、接続器などの交換費用の減免、および無償交換」となっています。それぞれの詳細は以下のとおりです。

1:利用料金の支払い期限延長

災害救助法適用地域内において、請求書記載の支払期限の日付が1カ月延長されます。対象のサービスは以下のとおりです。

ソフトバンク、熊本地震の被災地域での支援措置を発表 2

2:インターネット接続サービス、固定電話サービスの月額基本料金などの減免

同じく被災地域にて、「SoftBank 光/SoftBank Air/Yahoo! BB/SoftBank ブロードバンド サービス」などのインターネット接続サービスや、「おとくライン」など固定電話サービスが利用できなかった場合に月額料金を減免します。

3:電話機、接続器などの交換費用の減免、および無償交換

被災地域にてソフトバンク、Y!mobileの携帯電話、データカード端末、ADSLモデムが破損、水濡れ、紛失した場合、一部機種は無償/その他機種は減免にて交換することができます。

source: ソフトバンク

(塚本直樹)