プロ&アマが撮る「Sony World Photography Awards 2016」が発表

プロ&アマが撮る「Sony World Photography Awards 2016」が発表 1

今年で9回目をむかえた「Sony World Photography Awards」。世界で最も大きな写真コンテストのひとつで、プロ、アマ、学生と幅広く世界中から作品がよせられます。2016年、今年は180カ国以上から23万103作品もの応募がありました。優秀作品、最終候補作品はウェブサイトで見ることができますが、その中から一部をピックして紹介します。

トップ画像になっているのは、Maroesjka Lavigneさんの作品。ナミビアで撮影され、プロ・ランドスケープ部門の優秀作品に選ばれました。

プロ&アマが撮る「Sony World Photography Awards 2016」が発表 2

「これ、どこの星?」そう思わせるのは、Julien Mauveさんの作品。プロ・コンセプト部門の優秀賞受賞作。もちろん、地球です。

プロ&アマが撮る「Sony World Photography Awards 2016」が発表 3

一般公募・ピープル部門受賞、ハバナ沖で撮影されたAlexandre Meneghiniさんの作品。

プロ&アマが撮る「Sony World Photography Awards 2016」が発表 4

ファンタジックなこの写真は、四国で撮影された蛍。野見山桂さんの作品で、ローカルナショナル・日本部門受賞。

プロ&アマが撮る「Sony World Photography Awards 2016」が発表 5

この衝撃的な写真に写るのはMohsen Mortazaviさん。彼は、2012年にイタズラ電話の犯人と間違えられ、硫酸をかけられるという事件に遭遇。Mortazaviさんの写真は、Asghar Khamsehさんのドキュメンタリーシリーズの一部。シリーズは、このような襲撃事件を追った作品で、多くの部門で賞を受賞しました。

Sony World Photography Awards 2016は、4月22日から5月8日まで、ロンドンにて展示会が開催中です。

source: Sony World Photography Awards

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(そうこ)