宇宙ステーション、地球外で膨らませる新デザインへ

宇宙ステーション、地球外で膨らませる新デザインへ 1

どこでも到着先で膨らませよう!

国際宇宙ステーション(ISS)の将来はどうなるのかが議論されてもいるようですけど、次なる低コストな新デザインが、いま着々と運用テストを進めていますよ。SpaceXを始めとする民間企業のロケットが大活躍する時代を迎えていますが、やがては宇宙ステーションも民間主導に切り替わりそうな勢いですね…。

億万長者の起業家のRobert Bigelow氏は、宇宙事業に挑むBigelow Aerospace(BA)を設立し、これまで15年以上にわたって、主に膨張型の宇宙ステーションの開発に携わってきました。すでに2006年と2007年に無人の実験モジュールを打上げ、プロトタイプのテストに成功。そして、現在は実際に国際宇宙ステーションへBEAM(Bigelow Expandable Activity Module)のドッキングに漕ぎつけ、これから2年間におよぶ初の有人滞在テストが進められる段階に入っていますよ。

BEAMの最大の特徴は、打上げの時点では小さく折りたたまれているのに、いざ宇宙空間に到着すると膨張して宇宙飛行士が居住可能なモジュールへと組み上げられる仕組みです。これによって、ステーション全体を構築するためにかかる打上げ費用を大幅に削減することができるとアピールされていますね。また、膨張型ではあるものの、しっかりとした強度もあるため、既存の国際宇宙ステーションのモジュールと比較しても、安全性に問題はないと説明されています。

あくまでもBEAMは、ミニチュア実験段階の通過点にすぎません。Bigelow Aerospaceは、NASAに対して、テスト終了後は正式に「B330」モジュールを提供し、国際宇宙ステーションの恒久的な居住空間に追加するよう提案するとしています。さらに、BEAMの20倍もの居住スペースを有する新たな宇宙ステーションのXBASE(Expandable Bigelow Advanced Station Enhancement)を打上げる計画まで公表。すでにUnited Launch Alliance(ULA)と提携し、Atlas Vロケットで2020年までに完全膨張型の新宇宙ステーションを地球の周回軌道に載せ、宇宙旅行者が滞在できるような場所を整える方針まで打ち出されていますよ。

ちなみに新宇宙ステーションのXBASEの究極の目標は、火星でも快適に過ごせる居住空間の提供なんだとか。そのうち地球から次々とモジュールが打上げられ、火星で膨らんで一大ステーションが構築されていく時代もやってくるのかもしれませんね〜。

source: PR News Wire via Reuters

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)