少年が暗黒卿になるまでを振り返るダース・ベイダーの人物史

ダークサイドへの旅

映画「スター・ウォーズ」のエピソード1からエピソード6は、一人の幼い少年の心に闇が生まれ、闇に堕ち、そして贖罪するまでの物語です。

今回は6作品を通して描かれる彼の人生を振り返ってみましょう。以下、「スター・ウォーズ」シリーズのネタバレがありますので、ご注意ください。

こちらはMovieclips Trailersによる動画。

純粋な少年アナキン・スカイウォーカー悪の化身ダース・ベイダーとなり、息子を救い、息絶えるまでが描かれた6作品、そして最新作「フォースの覚醒」のシーンもところどころに含まれています。

エピソード4から6まではルーク・スカイウォーカーの物語であり、「フォースの覚醒」もスカイウォーカーの血族を描いた話です。「歴史は繰り返す」とよく言われますが、今後のシリーズもやはり暗黒面の誘惑に一度は負けたものが贖罪するまでの話になるのでしょうか? それとも想像のつかない方向に時は動いていくのでしょうか?

source: YouTube

abcxyz