無人島で万能な死体と友だちになる映画「スイスアーミーマン」予告編

スイスアーミー・マン

死体との熱い友情の物語。

2016年のサンダンス映画祭でプレミア上映され、ドラマ部門の監督賞を獲得した、ポール・ダノとダニエル・ラドクリフ出演の映画「Swiss Army Man(原題)」の予告編が公開されています。

こちらはA24にアップされたもの。以下は本作のあらすじです。

無人島に取り残されて家に帰れなくなり、絶望の末に自殺を決意した男の前に死体が漂流してくる。彼はこの死体と友情を育み、生きる喜びを感じ始めるのだった――

死体との友情というと死体愛好を思わせますが、カルト映画「ネクロマンティック」のようなエログロの雰囲気はなく、意外にも爽やかな内容のようです。

死体と友情を育む男を演じるのはポール・ダノ、そして漂流してくる死体を演じるのは「ハリー・ポッター」シリーズ以降、ホラー映画にも出演するようになったダニエル・ラドクリフ

しゃべって動くシーンもあるようですが、ゾンビとは違い、それはおそらく男の空想の中だけで、基本的には完全な「死体」として描かれているように見えます。しかし、ある時は水を吐き出したり、またある時は弓のように槍を飛ばしたりと、スイスアーミー・ナイフくらい万能なダニエル・ラドクリフの死体はまさにスイスアーミーマン!

ホラーともサスペンスとも違う、奇妙ながらも爽やか青春友情ドラマとなっており、予告編を見ただけで、不思議な友情を築くダニエル・ラドクリフとポール・ダノに好感を持ったのではないでしょうか?

「Swiss Army Man」は6月にアメリカにて公開。日本での公開にも期待しましょう。

source: YouTube via GeekTyrant, Wikipedia

中川真知子