JALさん、ANAさん、見てますか? タブレット埋め込み式の座席が発表されてますよ

JALさん、ANAさん、見てますか? タブレット埋め込み式の座席が発表されてますよ 1

これまで無かったのが不思議なくらいです。

ハンブルグで行われた航空機インテリア博覧会で、フランスの企業Thalesが発表した座席がこちら。座席に21インチのタッチスクリーン式タブレットが埋め込まれているんです。なんというか、違和感が無いというか、こういうの既に存在すると思ってましたよね?

タブレットはすごく日常化してるので、座席にあっても非常にナチュラルです。縦向きにはめ込まれているので映画を見る時には上下に黒い帯が出るのでしょうか。それでもよくあるスクリーンよりは大画面な気がしますし、何よりも操作が楽そうです。

映画だけではなく、機内雑誌をデジタルで読むこともできますし、ゲームもできます。

タブレットはそれほど分厚くないので特にこれによってスペースが狭くなることも無さそうです。食事用のトレーがちょっと下に配置されているぐらいでしょうか。

残念なことにまだこのシステムを導入する航空会社は決まっていないようですが、この展覧会用のディスプレイの時点でかなり洗練されています。

普及には時間がかかるかもしれませんが、こうやって形にして見せられると不思議な説得力がありますよね。飛行機の座席についたスクリーンすべてがタブレットに置き換えられる未来、十分ありえると思うのですが、どうでしょう...?

image: The Points Guy

source: The Points Guy and Thales via Engadget

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)