コンブチャで合皮ができちゃったよ

コンブチャで合皮ができちゃったよ 1

タフで分厚くて茶色。

まるでレザー! でも実はこの素材は、コンブチャ(海外では「Kombucha」)の残りものを材料に、ラボで作られた新たなフェイクレザー素材なんですよ。

アイオワ州立大学の研究者たちが作り出したのは、ちょっと変わった新たなタイプの人造皮革です。プラスチックの容器に入っているのはコンブチャから取られたセルロース繊維、お酢、そして砂糖です。細菌コロニーとイーストが加えられると、液体の表面にこの素材ができてきます。これをとって乾かせば…ビンゴ! 「コンブチャ・レザー」のできあがりです。

コンブチャで合皮ができちゃったよ 2

研究者たちはこの素材を使ってプロトタイプの服や靴ベストなどを作ることにも成功(トップ画像のものなど)。それでもこの素材は完ぺきではありません。素材が濡れると柔らかくなり、耐久性が下がってしまいます。また、非常に気温が低い状態ではもろくなってしまいます。そのうえ作るにも時間がかかり、なんと1枚のシートを作るのに最大4週間かかってしまうため、今の状態だと大量生産は難しそうです。

コンブチャで合皮ができちゃったよ 3

まだいろいろ問題はありますが、それでも完全に自然素材でサステナブルで、生分解可能、とってもエコな合皮といえるでしょう。もしかしたら世界最初の皮っぽいKombu-Teaシャツもつくれちゃうかもね!

images by Christopher Gannon/Iowa State

source: Iowa State University

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(abcxyz)