iPhoneのロック解除のためFBIが支払った金額、少なくとも1億円以上

iPhoneのロック解除のためFBIが支払った金額、少なくとも1億円以上 1

ハッキングって儲かるのね…。

iPhoneのロック解除を巡って世界中を騒がせたアップル VS. FBI問題。最終的には第三者の協力、イスラエルのセキュリティ会社依頼することで、ロック解除に成功したFBIですが、それなりの代償があったようです。…お金、です。

FBIのComey長官がロンドンでの囲み取材にて語ったところによりますと、iPhoneのロック解除には「かなり」の額が支払われたといいます。Comey氏は、その「かなり」な額は、彼が今後長官として働いて得る給料よりも多いとヒントとなるコメントも。Comey長官の残りの在職期間は7年と4カ月だそうで、公にされているFBI長官の年収は18万3300ドル(約2000万円)。単純計算で134万ドル、つまり約1億5000万円ほどになります。

ネタ元のロイター紙は、これをハッキング依頼の報酬では過去最高額だろうと報じています。これだけの大金ですが、Comey長官は「個人的には、その価値があったと思う」とロック解除の意味の大きさを語っています。しかし、今のところ、報道されている限りでは、このiPhoneから有力な情報は見つかっていないということです。

さて、長官は何に価値を見出しているのでしょう。報道されていない情報があるのか、解除できたとアピールすることが重要なのか、裁判沙汰回避がお手柄なのか…。

source: The Guardian via Popular Mechanics

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(そうこ)