ザ・フレーミング・リップスが「スペース・オディティ」のカバーMVを公開

ザ・フレーミング・リップス

通ずるところも感じる。

退廃、祝祭、サイケな雰囲気を持つオクラホマ出身のバンド、ザ・フレーミング・リップスが、2016年1月に亡くなったデヴィッド・ボウイの「スペース・オディティ」のカバーMVを公開しました。

こちらはザ・フレーミング・リップスの公式YouTubeアカウントにアップされたもの。

礼拝堂に飛び交うレーザービーム、脱ぎ乱れる修道女、椅子を埋める白い風船などなど、非常に高い完成度のMVに仕上がっています。ドラッギーなビジュアルに対して、懐かしきメロトロンサウンドと近代的なサンプラーキックの妙も味わい深いです。

ザ・フレーミング・リップスは今年3月に開催されたボウイの追悼コンサート「ザ・ミュージック・オブ・デヴィッド・ボウイ」にも出演していました。なぜか肩車で歌う、ボーカルのウェイン・コインの様子をご覧ください。

また、今年2月に行われたワンマンライブでは、ボウイをトリビュートして8曲ものカバーを演奏しています。まさに敬愛ですね。

source: YouTube1, 2, 3

ヤマダユウス型