鬼才レフン監督が極悪な美人を描くホラー映画「ザ・ネオン・デーモン」予告編

ニコラス・ウィンディング・レフン ホラー ザ・ネオン・デーモン

「お母さんは私を危険な娘と呼んだの」

「プッシャー/麻薬密売人」3部作や「ドライブ」、「オンリー・ゴッド」などの作品で知られるニコラス・ウィンディング・レフン監督が手がける最新作「The Neon Demon(原題)」の予告編が公開されています。

GeekTyrantが紹介した2本の映像をご覧ください。

こちらはMovieclips Trailersがアップした予告編。

本作はファッション・モデル業界の世界に深く入れば入るほど危険な存在となっていく女性のジェシーを描いたサスペンス・ホラー。主演はエル・ファニングで、キアヌ・リーブスも出演しています。

続いてiconfilmdistributionがアップした、UK版のティーザー予告編をどうぞ。一瞬ですが女性の裸も出てきますので、閲覧注意です。

この映画の構想は、レフン監督が女性に囲まれて恐い思いをした経験から生まれたそうです。美と狂気は好相性ですし、デンマークの鬼才と呼ばれるレフン監督がどのように極悪な美人のホラーを描くのか、期待が高まります。

本作はアマゾンの映像部門であるAmazon Studiosが製作する作品で、アメリカでは6月に劇場公開予定です。

source: YouTube1, 2 via GeekTyrant

岡本玄介