世界で1番かっこいい(あと寒い)ぼっち飯

世界で1番かっこいい(あと寒い)ぼっち飯 1

簡単にはできないぼっち飯、それは南極大陸でのぼっち飯。気温がマイナス70度まで冷え込み、風は時速200マイルで吹く、この極寒の地でぼっち飯を楽しむ写真に写る男性は、Floris van den Bergさん。

Bergさんは、南極のコンコルディア研究所に勤務中の研究員の1人。これからしばらく太陽光とは無縁になるこの場所で、最後の日光浴といったところでしょうか。4月から8月は、月の光とオーロラだけが自然光となります。

image: ESA/IPEV/PNRA–F. van den Berg

source: ESA

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(そうこ)