あ、人類もう詰んじゃった? 協力して物を作り上げるクモ型の3Dプリンター自律ロボット

あ、人類もう詰んじゃった? 協力して物を作り上げるクモ型の3Dプリンター自律ロボット 1

人間いらねー...。

よく聞いて下さい、いいですか。この「SiSpis」という名のクモ型ロボット、3Dプリンターを備えています。しかもカメラレーザー・スキャナーを搭載していて自分の環境を理解し、自律的に動きます。しかも他のロボットと協力して1つの物を建造することができます。しかもバッテリーが切れそうになれば自分で充電ステーションに戻って、充電されたロボットとバトンタッチします。新しく参加したロボットは自分の前のロボットがしていた作業を引き継ぎます。1つのシステムで統合されているので途中でロボットが入れ替わっても何の問題もありません。

複数の3Dプリント・アームを同時に動かして1つの物体を製作する3Dプリンターにも驚きましたが、こちらはそれよりも、もっともっと大きな物が作れることになるのではないでしょうか。このロボットを開発したメーカーのSiemensは、大量のクモ型ロボットが一切休まずに、しかもスーパー効率よく車体や船体、飛行機の機体を作り続ける将来を想い描いているようです。

あ、人類もう詰んじゃった? 協力して物を作り上げるクモ型の3Dプリンター自律ロボット 2

今のところ自社内のリサーチ目的にとどまっているこちらのロボットですが、将来的にはもちろん製造業の現場を変えていきたいと思っていると、開発チームはThe Engineerに語っています

いやーしかしロボット・テクノロジーの進化が早すぎて何かある度に「もうすぐロボットの反逆が!」って言ってしまう毎日ですよ。ギズモードでライターをやってたらロボット見るたびに「今のうちに優しくしておこう」なんて思ってしまうわけです。

このクモ型3Dプリンター搭載自律・協働ロボットだって、実用化されれば人間がやっていた製造業の大部分がロボットに置き換えられるのではないでしょうか。テクノロジーの進化を検討に入れて職を選ぶのが必須になります...。

しかし「ロボットは人間を補完する存在だ、ロボットの仕事には結局人間が監督しないといけない」という意見もあるわけで、ロボットが進化したからって人間の仕事がなくなるわけではないのかもしれません。このニュースも悲観的に捉えないようにしたいと思います。テクノロジーの進化ですよ、素晴らしいことですよ。

素晴らしい...よね?

source: The Engineer

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)