鳥か、UFOか、いや普通に流れ星じゃないか? カリフォルニアで緑色の発光体が確認される

偶然見られたときの興奮。

DailyNewsが報じたところによると、現地時間4月26日の夜、南カリフォルニア地域において複数の人が「謎の緑の発光体」を目撃したとのこと。そして、車載カメラが捉えたその発光体がYouTubeにもアップされていましたよ。

たしかに緑色に輝く巨大な物体。Twitterでも「UFOか!」なんて発言もありましたが、残念ながら、やはり普通の流れ星のようです。先週の金曜日に「4月こと座流星群」がピークを迎えたのですが、これはちょっと遅れてきたかけらではないかという説が優勢です。

「4月こと座流星群」はほぼ毎年この時期に出現する、目測でも観測可能な流星群。光の色は流星に含まれる岩の成分によって変化し、NASAによれば、緑色になるのはマグネシウムが含まれているためとのこと。さらにグリフィス天文台の観測によると「今回の発光体は隕石ではなく宇宙ゴミの可能性もある」とのことです。

ということで、残念ながらUFOではなさそうですが、美しい緑色の流れ星、見られた方はラッキーだったのではないでしょうか。

source: DailyNews, NASA

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)