これですか? これ血糖値を計って自動で薬を注射してくれるウェアラブルですけどなにか

これですか? これ血糖値を計って自動で薬を注射してくれるウェアラブルですけどなにか 1

こういうウェアラブル、待ってた。

透明なバンドエイドに見えるこちらのデバイス、もしかしたら糖尿病患者の生活を大きく変えるかもしれないんです。中央にキラリと光る金とグラフェン製の回路は、水素イオン指数(pH)、温度、そして血糖値を計ってくれる優れもの。しかも必要に応じて薬を注射までしてくれます。

韓国の基礎科学研究院の研究者たちが糖尿病患者のためにデザインしたそうで、デバイスはユーザーのをモニターするとのこと。センサーで血糖値を計るのですが、設置された回路は温度と水素イオン指数によって作動が変わってしまうのでそれらを記録するセンサーも追加したそうです。

血糖値が下がってきていることを検知したら、極小の針が調整された量の薬を注射してくれます。このように測定と薬の投与が一体になったデザインにすることで、患者にとっての利便性がはるかによくなると考えているようです。糖尿病患者は常に血糖値を意識し、薬の投与を自分で管理しないといけないですよね。これはとっても有り難い発明じゃないでしょうか。

デバイスは何度も利用することができ、もちろん測定したデータをデバイスから取り出すこともできます。それによって医療関係者が患者の状態を記録するのにも利用できると。網羅的な医療テストはまだこれから行なわれるそうで、実用化されて皆さんが使えるようになるにはしばらくかかりそうです。

楽しいウェアラブルも良いですが、人命を救うこういったウェアラブル、どんどんと開発されて欲しいですね。

source: Engineering & Technology

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)