もし映画「ジュラシック・パーク」が自然ドキュメンタリーだったら

恐竜ドキュメンタリー

編集とナレーションの魔術。

恐竜が現生によみがえったら? という夢のようなテーマを映画にした「ジュラシック・パーク」シリーズ

人間が恐竜たちを制御できるはずもなく、最後はとんでもない展開になるのがシリーズのパターンですが、もし本作がパニックムービーではなく自然ドキュメンタリーだったら、どんな映像になるのでしょうか?

こちらはMashable Watercoolerが作った動画。

「パーク」の前半は比較的こういった雰囲気だったので、ネドリーがデータを盗もうとしていなければ、最後までほのぼのとした作品になっていたのかもしれません。

source: Youtube

中川真知子