胸いっぱいの運命を! ベートーベン×レッド・ツェッペリンをチェロで

胸いっぱいの運命を

混ぜるな自然。

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンの「運命」こと「交響曲第5番 ハ短調」と、レッド・ツェッペリンの「胸いっぱいの愛を(Whole Lotta Love)」。このおよそ無関係そうな2曲を、人気チェロデュオの2CELLOSがマッシュアップして演奏しています。

「運命」の途中から聞き覚えのあるフレーズが乱入、そこから鮮やかに転換してツェッペリンのターンへ! 最終的には4CELLOSとなり、両曲のオイシイ部分をぶつけあうかたちになりますが、分身演奏も違和感がなくて見事です。

どうやら「運命」をハ短調(C dur)ではなく「胸いっぱいの愛を」と同じEmはじまりにしたことで、良い具合にマッシュアップされているようです。もうそれハ短調じゃないじゃんという意見はさておき。

source: YouTube

ヤマダユウス型