ついにウルヴァリン登場! 「X-MEN:アポカリプス」最終予告編

アポカリプス

マグニートーに隠し子!?

先日なんだか楽しそうなコラボCMもご紹介した「X-MEN:アポカリプス」の公開前最後となる予告編(海外版)が登場しました。

ついにウルヴァリンが登場しています!

あらすじ:古代文明の時代に神として崇められた最古にして最強のミュータント「アポカリプス」が数千年の眠りから目覚めた。彼は理想の砕かれたマグニートーなど、4人の強力なミュータントを集めて「フォー・ホースメン(黙示録の四騎士)」を結成し、世界を作り変えようとする。

地球に危機が迫る中、プロフェッサーXの協力を得たレイヴン(ミスティーク)は、若きX-MENたちを率いて最大の宿敵に立ち向かい、人類を破滅から救い出そうとする――


今回の予告編ではアポカリプスが、ミュータントの吸い取り力を強め、身体を交換することによって復活を成し遂げるということが判明しました。ちなみに、アポカリプス役はポー・ダメロンを演じたことでおなじみのオスカー・アイザック。今回は顔が真っ青ですが、ちょっとだけ素顔も見せるようです。

また、以前の予告編ではちょっとしか写っていなかったテレポート能力を持つミュータント、ナイトクローラーもしっかり登場しています。

アポカリプス2

クイックシルバー「マグニートーが俺の父さんなんだ」

ミスティーク「どういうこと!?」

クイックシルバー「だから俺の母さんとマグニートーがアレを……」

ミスティーク「そうじゃなくって……」

何より驚くシーンですが、実はこの血縁関係はコミックで描かれていたこと(最近、実は父親ではないという話になりましたが……)。こういった原作の再現は見ていて楽しいです。ちなみに、前作「~フューチャー&パスト」でも伏線のようなセリフがありました。

ラストシーンの謎の施設で若きサイクロプスとジーン・グレイを助けたという男の拳には見覚えのある爪が……!

今回のウルヴァリンはおそらくカメオ出演程度になるかと思われますが、前作ではまだ爪がアダマンチウムで覆われていなかったので、すでにウェポンX計画で改造されたということかもしれません。もしかすると、この施設がウェポンXの研究所なのでしょうか?

映画「X-MEN:アポカリプス」は2016年8月全国ロードショー。

TM © Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. © Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

source: YouTube, 映画『X-MEN:アポカリプス』オフィシャルサイト

傭兵ペンギン