iPhone 7は新たにレーザーオートフォーカス搭載? 本体写真がリーク

iPhone 7は新たにレーザーオートフォーカス搭載? 本体写真がリーク 1

iPhoneのカメラがまたよくなる?

カメラのアップグレードやアンテナ線の移動、もしかしたらヘッドホンジャック廃止などの小規模なアップデートになると噂のiPhone 7。そのカメラ部品のアップグレードについて、新たな情報が流出パーツとともに報じられています。なんと、iPhone 7は「レーザーAF(オートフォーカス)」を採用するというのです。

iPhone 7は新たにレーザーオートフォーカス搭載? 本体写真がリーク 2

今回のiPhone 7とされる本体部品の画像は、中国SNSのWeiboに投稿されました。画像を見ると、アンテナ線が移動している他にもカメラとフラッシュの横に見慣れぬ穴が1つ多くあることがわかります。今回の情報によると、これがレーザーAFのためのものなんだそうです。

レーザーAFとは耳慣れない方もいると思いますが、これは通常のオートフォーカスと組み合わせることで薄暗い場所での正確なフォーカシングを可能にしたり、またフォーカス速度を早めたりすることができます。すでに同技術は「Nexus 5X」や「ZenFone2 Laser」などに搭載されています。

iPhoneは常にスマートフォンのカメラ画質の最先端を走ってきましたが、最近はGalaxyシリーズに追いつかれてきたとのもあります。しかし、カメラ撮影の体験を向上させるのはなにも画質だけではありません。暗闇でも明るい太陽の下でも素早いフォーカスができれば、「ここぞ!」というタイミングの写真を撮影して家族や恋人に喜んでもらうことができるでしょう。

これまでの情報では若干マイナーアップグレードモデルのようにも感じられるiPhone 7ですが、どんな体験ができるのか今後が楽しみですね。

source: Slash Gear

(塚本直樹)