AmazonのFire TVに搭載のパーソナルアシスタント「Alexa」、近日中にパワーアップ

AmazonのFire TVに搭載のパーソナルアシスタント「Alexa」、近日中にパワーアップ 1

パーソナルアシスタントだって賢くなるんです。

4K解像度の動画配信サービスからゲームまで楽しめる、Amazonの「Fire TV」。こちらは同社のパーソナルアシスタント「Alexa」を搭載していることでも話題になっていましたが、今回そのAlexaのパワーアップが発表されました。

Amazonによると、新バージョンのAlexaではHBOやHulu、Showtimeなどの59のパートナーによる番組を口頭で選択することができます。使い方としては「Launch Hulu」と話しかけてチャンネルを選択し、「Watch Veep」で番組を選択。まるでFire TVに話しかけるようにして、番組の視聴を開始できます。

その他にもAmazonのプライム・ビデオやYouTubeの4K動画ライブラリへのアクセス、それにKindleの電子書籍の朗読、近所のレストランの検索なんて変わった機能も搭載されます。なお、Alexaの新機能は数週間以内にオンライン配信される予定です。

またこのFire TVに搭載されたAlexaですが、日本語での音声検索については対応状況に差があります。具体的には、「Amazonビデオやプライム・ビデオのコンテンツやアプリには対応」していますが、「YouTube内でのタイトルの検索など、各アプリ内での検索には非対応」。最近はYouTubeの動画にかかりっきり…という人も多いでしょうし、YouTube内での日本語検索への対応が待たれますね。

source: The Next WebThe Verge

(塚本直樹)