虫が苦手な人は閲覧注意。ハチの大群が車にびっしり!

虫が苦手な人は閲覧注意。ハチの大群が車にびっしり! 1

目を疑いますが、これ全部ハチなんです。

ハチが絶滅の危機にあることはご存知のとおり。しかもそれは私たち人間のせいなんですよね。とりあえず、それはさておき、こちらご覧ください。ある女性の車にびっしり群がるハチの大群です。自分の車じゃなくってよかった〜って思いますよね。

BBCニュースが伝えたところによると、ウェールズで、ある日この状態で見つかった三菱アウトランダー。地元のパークレンジャー、Tom Mosesさんが「大きな茶色のシミ」のようなものを発見。しかし、よく見るとハチの大群。「誰かがお湯をかけたり、バカなことをする前に、自分がなんとかこのハチを助けなければ!」と思ったそうです。

この車の持ち主は、Carol Howarthさん65歳。車で自然保護区から運転して帰っている間に、ハチの大群がなぜだか車にくっついてきちゃったんだそう。「こんなの見たことないわ」と言うHowarthさんですが、そりゃそうです。なんとハチの数、およそ2万匹!

虫が苦手な人は閲覧注意。ハチの大群が車にびっしり! 2

Mosesさんは、どうしようもなくなり養蜂家チームを呼ぶことに。養蜂家のRoger Burnsさんによると、このハチの大群が車についてきてしまったのは、おそらく女王蜂を追いかけてきたからではないかとのこと。「女王蜂が車にあった甘いものか何かに魅きつけられてくっついてきて、ワイパーの穴か何かにはまってしまったからでしょう」と話しています。

車の持ち主Howarthさんは、この状態で日曜日に帰ってきて、しばらくしたらいなくなるだろうと放っておいたそうですが、月曜日になると、ハチがいなくなるどころか戻ってきてしまっていたため、また別の養蜂家の助けを求めることになりました。

虫が苦手な人は閲覧注意。ハチの大群が車にびっしり! 3

「この季節は特にハチの大群が現れやすいですし、ハチは女王蜂を追いかけるという、とても強い本能を持っています」とのこと。しかし結局、養蜂家チームは女王蜂を見つけることができなかったそうです。

Burnsさんは「30年養蜂をやってるけど、こんな大群は見たことないです。ハチは女王蜂を追いかける習性はあるけれど、2日間にも渡ってこんな大群で追いかけるのはかなり珍しいことです。珍しいを通り越して感動的です」と語っています。

さすがハチを知り尽くした養蜂家です。「ぎゃー」とか「危ない」とかではなく、感動しています。絶滅が心配されているハチですから、こんな風に大群で現れるのは、少しいいことなのかもしれませんね。

Image by Tom Moses

source: Metro, Telegraph

Sophie Kleeman - Gizmodo US[原文

(リョウコ)