文字ちっちゃ! Apple WatchでWindows 95が動いたよ

文字ちっちゃ! Apple WatchでWindows 95が動いたよ 1

実用性よりも楽しさを。

懐かしのWindows 95。Windows 3.1から大幅に進化したUIを搭載し、機能拡張でインターネットもできるなど現代のWindowsの基礎となったようなOSでした。OSの発売日に秋葉原がお祭り騒ぎになるのも、Windows 95から定番になりましたよね。最近はその盛り上がりも徐々に下火になってきましたけど…。

というわけで、今回のハックは「Windows 95 on Apple Watch」。発売日から20年以上経ったWindows 95をApple Watchにインストールしてしまおうという試みです。Apple Watchに搭載された520MHzのプロセッサや512MBのメモリ、8GBのストレージはアーキテクチャの違いはあれど、Windows 95の動作必要条件を大幅に上回っているんですね〜。

ここでは今回のハックに成功したNick Leeさんのレシピをご紹介。実はLeeさん、以前にApple WatchでMacintosh OS System 7.5.5を動作させた経験もあるんですよ。

1:XcodeのiPhone OSとiPhone Simulatorのシンボルとヘッダーを、watchOSとW

atch Simulatorにそれぞれコピー。

2:UIKitベースのiOS appをフレームワークにビルド。

3:install_name_toolを使い、WatchKitアプリの「_WatchKitStub/WK」バイナリをフレームワークに指定。

4:x86エミュレーターをフレームワークにインストール。

5:Windows 95のディスクイメージをコピーし、設定ファイルを調整してブート。

文字ちっちゃ! Apple WatchでWindows 95が動いたよ 2

こうして苦労してインストールしたWindows 95ですが、正直動作はかなり遅いです。なんでも、起動に約1時間もかかるとか…。またApple Watchがスリープ状態に入らないように、モーターでデジタルクラウンを回しながらテストを行なっています。

今回のハックに必要なツールは全てGitHubで公開されています。WindowsやApple Watchを愛してやまないあなた、ゴールデンウィーク明けのネタ作りとして挑戦してみてはいかがでしょう?

source: TenDIGI

(塚本直樹)