小学3年生(とお父さん)が作った可動橋の模型が本格的

お父さんもかなり手伝ってますが。

大きな船が川を渡る際、橋が邪魔をして通れないことがあります。それを避けるために作られたのが「可動橋」。橋が上がったり、開いたりするあれです。

そんな可動橋の模型製作にチャレンジしたのは、小学3年生の男の子。お父さんと一緒に巨大な工房に入り、オレゴン州ポートランドにある鉄橋ベニヤ板で再現します。使っている道具は、AutoCADCNCルーターなど本格的なものですよ。

危険な作業はお父さん中心ですが、橋の可動部分において重要なおもりの調整などを、慎重に何度も行なう男の子。最後は立派な可動橋が完成し、お父さんとの素敵な思い出ができたのではないでしょうか。

source: YouTube

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文

(渡邊徹則)