素材は金属。空間に物体を描き出せる3Dプリンタをハーバード大学が開発

3Dプリンタに革命か。

利用したことがある方ならご存知かもしれませんが、3Dプリンタは「レイヤー」を重ねて立体物を作っていきます。まず小さなかたまりからはじまり、その上に材料を重ねることで目的のかたちに作っていくのです。

しかし、今回ハーバード大学のWyss InstituteとJohn A. Paulsonという2つの機関が開発したのは「空間に物体を描き出す」3Dプリンタ。いったいどんなものなのでしょうか。

動画内に登場するノズルからは、銀のナノ粒子で作られた特別なインクが放出されており、それをレーザーが正確に固めることで自由なかたちに成形しているとのこと。いわば、3Dプリントペンの金属板といったところでしょうか。

素材は金属。空間に物体を描き出せる3Dプリンタをハーバード大学が開発 1

ノズルは前後左右自在に動くことができ、描きだす線は髪の毛よりも細いため、繊細な作業も可能とのこと。たとえば、細かな電子機器の回路設計などで従来の制約にとらわれない革命的な進化が起こるかもしれません。素材も金属だけではなく通常の3Dプリンタが使っているプラスチックなどにも応用できたら、さらなる発展が期待できますよね。

source: Harvard Wyss Institute via TechCrunch

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)