大ヒットしたけれど原作者からは嫌われている名作映画5選

大ヒットしたけれど原作者からは嫌われている名作映画5選 1

原作者は大激怒。

小説家にとって、自身の作品がハリウッド映画化はうれしいこと。知名度が飛躍的に上がり、新たなファンも生まれ、当然お金にもなるはずです。しかし、原作と全く異なる内容にされてしまったら?

今回はCheetSheetがピックアップした、興行的には大成功したにもかかわらず、原作者が不満を抱いている映画をご紹介します。

「シャイニング」

スタンリー・キューブリック監督の本作はホラーの名作として広く知られていますが、原作者のスティーブン・キングから激しく嫌われているというのは有名な話。

キングは何度も批判的なコメントをしており、特にメインキャラクターの性格を変更したことに大きな不満を抱いているようです。

つい先日も、ローリング・ストーンに対してキング氏が不満の理由を語りました。

小説ではジャック・トランスのキャラクターアークがしっかりと描かれています。

彼は善人になろうと葛藤したのです。しかし、映画では最初から頭がおかしい人にされているのです。

「時計じかけのオレンジ」

スタンリー・キューブリック監督は巨匠でありながら、原作者に嫌われる映画を作る傾向がある模様……。

「シャイニング」同様「時計仕掛けのオレンジ」は世間一般的にはクラシックな名作とされていますが、原作者のアンソニー・バージェス執筆したことを後悔するほど、映画版を恨んでいるそうです。

アンソニー・バージェスといえばこれ、といわれるほど有名な私の「時計仕掛けのオレンジ」は、たった3週間で激しい暴力と性を描いた映画の原作として知られるようになってしまいました。

この映画は、私が小説の中で伝えたかったことを読者に勘違いさせ、その勘違いは私が死ぬまでつきまとうでしょう。

こんなことになるなら、あんな本は書かなければ良かったとすら思います。

ロアルド・ダール「夢のチョコレート工場」

1971年に公開されたメル・スチュアート監督の「夢のチョコレート工場」は、多くの人々に愛され続ける名作ファミリー映画ですが、原作者のロアルド・ダールはこの映画を嫌悪しています。

彼はウィリー・ウォンカを演じたジーン・ワイルダーの演技が気に食わなかっただけでなく、原作を逸脱したデヴィッド・セルツァーの脚本にも失望したそうです。

そしてゴールデンチケットを手に入れた少年ではなく、チョコレート工場の人たちに焦点をあてたストーリー展開だったことに最も腹を立てたとのこと。ダール氏にとってはチャーリーの物語だったため、我慢ならなかったようです。

「フォレスト・ガンプ/一期一会」

本作は90年代を代表する映画の1つですが、原作者のウィンストン・グルーム世間の評価に値しない映画だと感じているようです。

ウィンストン氏の最も有名な不平は映画の収益を巡るものですが、原作と内容を大幅に変えられている点にも大きな不満を持っています。

中でも小説に見られた荒い言葉遣いがトーンダウンされていたり、性的描写といったものが排除されていたりといった部分に我慢ならなかったようです。

「アメリカン・サイコ」

俳優クリスチャン・ベールをスターへと押し上げた本作ですが、原作者のブレット・イーストン・エリスは映画の出来に不満を爆発させました。

ウォール街の超エリートが秘密の趣味を持つ様を描いたメアリー・ハロン監督の映画版は、評論家、そして多くの映画ファンから愛されています。しかし、エリス氏は原作の微妙なニュアンスやテーマである「潜在意識」が描き切れていないと感じたようです。


なお、今回のリストには含まれていませんが、「メリー・ポピンズ」や「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」、「カッコーの巣の上で」といった作品も、原作者から批判された映画として知られています。

Image by: Warner Bros.

source: CheetSheet, YouTube1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, Rolling Stone

中川真知子