Photoshopの新機能「Content-Aware Crop」画像回転で生まれる余白の部分を自動補正してくれます

まっすぐ撮ってるつもりが、なぜかいつも斜めってしまう人に朗報。

写真を回転させてまっすぐに調整しようとしたら、あらら、端っこの白い部分が出てきちゃったよ…ということ、Photoshopを使う人なら一度はあると思います。だからって白い部分をなくすために拡大はしたくないし、というみなさんに朗報です。Photoshopの次期バージョンでは、その白い部分を自動的に埋めてくれる機能がつきますよ。

上のAdobe Photoshopチャンネルで説明されているとおり、新しい機能は「Content-Aware Crop」という名前で、回転修正でできてしまった端の余白を、自動的に埋めてくれるという優れもの。画像をまっすぐに修正したあと、残しておきたい部分移動させて、もっと白い部分を出しても大丈夫。余白ができてしまった部分はPhotoshopが被写体の周囲をちゃんと認識して埋めてくれます

写真に写っていない部分をPhotoshopがどれだけキレイに埋めてくれるかは、元の写真にもよるみたいですが、この動画で見る限りスゴい機能ですね。写真を撮るとき、どうしても斜めになってしまう人はこの機能に頼ってみるのもいいかもしれませんね。

Source: YouTube, Photoshop

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(リョウコ)