エンターテインメントで問題解決を目指す「シリアスゲーム」の未来

Mugendai

エンターテインメントで問題解決を目指す「シリアスゲーム」の未来 1

教科書を読むだけが勉強じゃない!

最近話題になっている「シリアスゲーム」、知っていますか? これは、社会問題の解決を主な目的として開発されたコンピュータゲームの総称です。

扱われるテーマは、医療や福祉、教育、軍事など多岐にわたります。問題を解決するためのシミュレータと似ていますが、ゲームを基本思想としているため、エンターテインメント性もきちんと残っているのが特徴です。

このシリアスゲームを教育の現場で活用しようという動きを無限大(mugendai)が紹介しています。

シリアスゲームの教育現場での活用方法とは

アメリカ・テキサス州の高校では、ゲーム設計の授業でゲームベース・ラーニングの手法を採用。生徒たちがシリアスゲームの設計に関わることで、社会問題への知識や理解が獲得できるそうです。

その際、生徒たちはゲーム設計に人工知能IBM Watsonを利用可能。開発するゲームと連携させたり、さまざまなアプリケーションを開発・管理・実行することができるプラットフォームIBM Bluemixを利用したコグニティブ・コンピューティングを利用することで、複雑な問題解決をしたりもできます。

ただ学ぶだけでは、なかなか頭に入ってこないことでも、ゲームというフォーマットを用いれば、興味を持つ子どもたちが増えそうです。現在、日本では欧米に比べシリアスゲーム市場はあまり盛り上がっておりませんが、いくつかの団体が普及啓蒙活動を行っています。今後、シリアスゲームが日本の教育現場に取り入れられていけば、子どもたちの社会問題への関心が高まるかもしれませんね。

source: 無限大(mugendai)

(三浦一紀)