AI、ついに人類最後の砦である「Flappy Bird」をも攻略

AI、ついに人類最後の砦である「Flappy Bird」をも攻略 1

もはや人類に為す術はないのか…。

囲碁において、コンピューターが人間に勝つのは「あと10年かかる」といわれていました。しかしご存じの通り、AIが世界のトッププロを破ったのはつい先日のことです。

そしておそるべきことに、AIはついに「人類最後の砦」ともいうべき激ムズゲーム「Flappy Bird」をも攻略してしまったのです。

この動画は現在、Googleが開催している学生向けの開発イベント「Google Summer of Code」に参加中のYen Chen Linさんがアップしたもの。

最強の囲碁ソフト「AlphaGo」を生み出したのは、Googleの子会社であるDeep Mind社でしたが、こちらで使われている画像認識によってゲームを攻略するAI、「DQN(Deep Q-learning)」も同社のもの。なんとも物騒な名前ですね…。

具体的には、ゲーム上の画像をピクセル単位で解析することで、攻略を実現したそう。背景が真っ黒なのはそういう理由だったのですね。

ソースコード一式は、エンジニア御用達のGitHubにて公開中。勉強がてら覗いてみるのもいいかもしれません。

source: YouTube via GitHub

(渡邊徹則)